2024.05.20

Xのギフティングが今熱いワケ、ズバリ!解説 企業/ブランドが注目する圧倒的なポテンシャル

snsX(旧Twitter)SNSマーケティングUGC・クチコミブランディング集客・PRアカウント運用

読了目安:約

目次

X(旧Twitter)は、日本国内の月間アクティブユーザー数が約6,700万人に達し、多様なSNS(ソーシャルメディア)の中でも特に注目されています。Xはそのリアルタイム性と広範なユーザーベースにより、企業のプロモーション活動の場として非常に有効です。この中で特に注目されているマーケティング手法が「ギフティング」です。

今回は、ギフティング施術がどのように効果的であり、なぜ現在注目されているのかについて解説します。企業やブランドの方は、ぜひご一読ください。

ギフティングとは何か

ギフティングは、企業やブランドがSNS上のインフルエンサーや一般ユーザーに自社の商品やサンプルを提供するマーケティング手法です。これにより、口コミやUGC(ユーザー生成コンテンツ)を活用して認知拡大や売上向上を目指します。具体的には、提供された商品やサンプルを実際に使用したインフルエンサーや一般ユーザーが、その感想やレビューをSNS上でシェアすることが期待されます。このシェアが新たな消費者の関心を引き、商品の認知度を高めるのです。

ギフティングの有効性

自然な紹介で消費者に届く

ギフティングの最大の強みは、広告として強制的に押し付けるのではなく、自然な形で商品を紹介できる点です。消費者目線でレビューされることにより共感が生まれやすく、自然な形での購入が促進されます。実際に、SNSを通じて商品を購入したユーザーの約6割が継続的に購入しているというデータもあり、その効果が実証されています。このデータは、ギフティングが一時的な売上向上だけでなく、長期的な顧客獲得にも寄与することを示しています。

コストパフォーマンスの高さ

クライアント企業の費用は主に商品原価のみであり、費用対効果が非常に高いこともギフティングの魅力の一つです。従来の広告手法に比べて、低コストで広範なターゲットにリーチできるため、中小企業や新興ブランドにとっても実践しやすいマーケティング手法です。

ギフティングの実施方法と注意点

適切なインフルエンサーの選定

ギフティングを成功させるためには、適切なインフルエンサーの選定が重要です。フォロワー数だけでなく、フォロワーとのエンゲージメント率や、インフルエンサーの投稿内容が自社の商品と合致しているかを確認することが必要です。例えば、美容商品であれば美容系のインフルエンサー、食品であれば料理やグルメ系のインフルエンサーが適しています。

透明性の確保

ギフティングを行う際には、提供された商品であることを明示することが重要です。透明性を確保することで、消費者からの信頼を得ることができ、逆に隠してしまうと信頼を失う可能性があります。インフルエンサーに対しても、商品の紹介に際して正直な意見を述べてもらうように依頼することが重要です。

継続的なフォローアップ

ギフティングは一度の施策で終わらせるのではなく、継続的にフォローアップを行うことが重要です。例えば、キャンペーン終了後にインフルエンサーと再度連絡を取り、商品の感想やフィードバックを収集することで、次回のマーケティング施策に活かすことができます。また、継続的な関係を築くことで、インフルエンサーの信頼性も向上します。

進化を続けるギフティング

ギフティングはその手軽さと効果の高さから、今後もますます注目を浴びることが予想されます。特に、それぞれのSNSプラットフォームの進化に伴い、より高度なターゲティングやデータ分析が可能になることで、さらに効果的なマーケティング手法として発展していくでしょう。また、インフルエンサーの多様化新たなコンテンツ形式の登場により、ギフティングの手法も進化していくことが期待されます。

X(旧Twitter)でのギフティング施術が注目を浴びている理由

SNSのプラットフォームはたくさんありますが、ここではXでのギフティング施術が特に注目を浴びている理由について見ていきます。

1. 拡散力の強さ

Xの最大の特徴は、その拡散力の強さにあります。ツイートは瞬時に多くの人々に届き、リツイート機能により情報が爆発的に広がる可能性があります。ギフティングで提供された商品やサンプルに関するツイートがユーザーによってシェアされると、その情報は短期間で非常に広範なユーザーベースにリーチします。これは、他のSNSと比較しても非常に大きな利点です。

2. リアルタイム性

Xのもう一つの強みはリアルタイム性です。ユーザーは日々の出来事や感想を即座にツイートするため、ギフティングされた商品に対するフィードバックも迅速に集まります。このリアルタイムの反応は、企業にとって重要なマーケティングデータとなり、迅速な対応や戦略の見直しに役立ちます。

3. 幅広いユーザー層へのリーチ

Xのユーザーベースは非常に多様であり、若年層から中高年層まで幅広い年齢層に及びます。このため、ギフティングを通じて広範なターゲット層にアプローチすることができます。特に、特定の年齢層や興味関心に特化したインフルエンサーを選ぶことで、より効果的に商品を訴求することが可能です。

4. 自然なマーケティングアプローチ

ギフティングは、広告として強制的に押し付けるのではなく、自然な形で商品を紹介する点がポイントです。ユーザーが自身の経験や感想をツイートすることで、他のユーザーにとっても信頼性の高い情報源となります。これは、企業から直接的に発信される広告よりも受け入れられやすく、購買意欲を高める効果があります。

5. コミュニティの影響力

Xには、多数のコミュニティが存在し、それぞれのコミュニティ内での影響力は非常に大きいです。特定の趣味や関心を持つユーザーが集まるコミュニティに対してギフティングを行うことで、そのコミュニティ内での話題性が高まり、結果として商品やブランドの認知度が大幅に向上します。コミュニティの中での信頼関係が強固であるため、そこでの推薦は非常に効果的です。

6. インフルエンサーの活用

Xには多くのインフルエンサーが存在し、そのフォロワーはインフルエンサーの意見や紹介を重視します。インフルエンサーによるギフティング商品紹介は、そのフォロワーに対して強い影響力を持ちます。インフルエンサーは自身の信頼を守るため、本当に良いと思った商品しか紹介しない傾向があり、そのためフォロワーはその意見を信頼します。これが、企業の製品が信頼できるものとして認識される助けとなります。

7. コストパフォーマンスの高さ

ギフティングは、比較的低コストで実施できるマーケティング手法です。提供する商品の原価が主な費用となり、大規模な広告キャンペーンに比べて経済的です。また、ギフティングの効果は口コミによって持続しやすく、一度成功すれば長期的な効果を期待できます。この費用対効果の高さが、特に中小企業や新興ブランドにとって魅力的です。

8. エンゲージメントの向上

ギフティングによってユーザーとのエンゲージメントが高まることも大きな利点です。ユーザーは提供された商品に対する感謝の気持ちや興味から、自発的にツイートやリツイートを行います。このようなユーザーの自発的な行動がエンゲージメントを促進し、ブランドとのつながりを深めます。エンゲージメントが高まることで、ブランドロイヤルティの向上にも寄与します。

Xのポテンシャルの高さを最大限に生かす

X(旧Twitter)でのギフティング施術が特に注目を浴びている理由は、ポテンシャルの高さ。特筆すべきは拡散力の強さで、他SNSの追随を許さない圧倒的な力があります。他にもリアルタイム性幅広いユーザー層へのリーチ自然なマーケティングアプローチコミュニティの影響力インフルエンサーの活用コストパフォーマンスの高さ、そしてエンゲージメントの向上など。これらの特性が組み合わさることで、ギフティングは企業にとって非常に有効なマーケティング手法となります。企業はこの手法を積極的に活用し、Xの持つポテンシャルを最大限に引き出すことが重要です。

著者プロフィール

富田竜介:株式会社TaTap代表
企業様向けSNSアカウント運用代行/コンサルティング/社内化支援/社内研修承ります。

📚著書:「99%の経営者は知らない中小企業のための正しい SNSマーケティング」https://amzn.asia/d/jgczWfe

Related knowledge

関連するナレッジ

TaTapの提供サービス内容や数多くの実績や事例についての資料をダウンロードいただけます。
ぜひ一度ご覧ください。

私たちTaTapはSNSを活用したマーケティングの戦略設計から伴走支援をいたします。課題や要件が明確でなくても問題ございませんので、お気軽にご相談ください。